結婚式の2次会の景品におすすめのお菓子は?

ヨロコンデモラウニハ

結婚式の2次会に欠かせない、準備しなくてはいけないもの
といえば景品ですよね。

しかし2次会の景品としてゲストに渡すプレゼント選びは
新郎新婦や幹事の頭を悩ませるところ。

せっかくならゲストがもらってうれしいものや
人気のある景品を選びたいものですよね。

特に限られた結婚式予算の中で大量に用意しなければ
いけないものがある場合、おのずとお菓子というアイテムが
マストになってきます。

しかしただの既製品では物足りない、せっかくの結婚式だから
オリジナルのものでゲストに喜んでもらいたい!という方へ、
おすすめのお菓子をご紹介いたします。

まず、ビンゴやゲーム大会などのプレゼントで出す場合、
普段の生活では手にしない高級チョコやクッキー、
マカロンなどが喜ばれます。

タノシクシタイ

女性は特に嬉しいでしょうし、テーブル周りにも
おすそわけ出来ますからね。

そして同じく普段の生活では手にしないものと言えば、
サプライズアイテムです。

特に既製品の超BIGサイズなどや大量詰め合わせは
非常に面白いですし、これぞ2次会という面白さを
見せる事が出来ます。

ビンゴやゲーム大会以外では、御礼の品を
帰りにお渡しする事があります。

ここでは、2人のオリジナルパッケージの
アイテムが活躍するでしょう。

今や、大手菓子メーカーのホームページなどで
簡単に注文する事が出来ます。

心ばかりのものではありますが、近年は手元に
残るようなものは嫌という人もいるので、
お菓子であれば気軽にお渡しできますね。

結婚式や2次会は、2人だけのものではありません。
お祝いしてくれるゲストがいてこそ成り立つ、
最高の日になる事でしょう。

女性に人気の忘年会景品

忘年会で幹事さんを悩ませることといえば、まずお店選び、日程調整、
会費設定など様々ですが、意外と見落とされがちなお悩みがあります。

それは、忘年会景品です。 男性はそれほど景品にはこだわりません。
お酒を飲んで盛り上がる方に気持ちが集中し、景品はおまけ程度。

プレゼントヲエラブ

極端に言えば街頭で配られるティッシュペーパーくらいにしか
重きを置かない方が多いようです。

しかし、女性はそうはいきません。ほとんどの女性は、プレゼントが大好きです。
忘年会景品といっても、ささやかなプレゼントといった意識があり、包みの中身を
楽しみにする気持ちは男性の何倍も大きいのです。

そこで、人気の忘年会景品について考えてみましょう。
予算にもよりますが、無難なのはやはり、ハンカチ、ミニタオル、文具などの消耗品です。

色柄が好みでなくても、家で使うことができますし、そのまま家族や
身近な人にあげる場合もあるでしょう。いずれにしても、もらって困らないものの
代表ということになるでしょう。

ワクワクサセル

なかでも最近人気のあるものといえば、文具類です。
男性幹事さんは、ついウケ狙いに走ってしまう人も多いようですが、これはNG。

キャラの濃いものや下品なものは、その場では笑いの種になっても、
もらった女性は、実はとてもがっかりしているものです。

それに気づかないのは酔っ払いのおじさんだけ、なんて事にもなりかねません。

ここは、ウケ狙いはすっぱり諦めて、忘年会景品には必ず品の
良いものを選びましょう。

白やパステルカラーなどの優しい色はおすすめです。
メモ帳、ボールペンなどを選ぶ際には、目立つようなデザインは避け、
大人のエレガントな雰囲気のあるものが良いでしょう。

ストライプよりはドットがおすすめです。
レース柄や小花柄も大変人気があります。

忘年会の景品で意外と盛り上がるもの:駄菓子

毎年忘年会の時期になると、幹事をやることになる人は色々と
頭を悩ませるものです。

会社の忘年会となると年齢層も様々ですので、
全員が楽しかったと思える内容にしなければなりません。

料理は個人の好き嫌いもありますので、メニューが豊富な
居酒屋のセットものや、ホテルのバイキングを利用すれば
無難に済ませることができます。

ナツカシイモノ

しかし、忘年会のなかでイベントを行う予定でいる場合は、
景品をどのようなものにすればよいのか悩むものです。

参加する人の年齢も様々ですし、個人の好みも分かりません。

悩んだときには、年齢を問わず盛り上がれるアイテムの
「駄菓子」を景品にすることです。

「駄菓子のつかみ取り」をイベントにしてしまえば、
さらに忘年会が盛り上がります。

ウレシイキモチ

幼い頃に誰しもが買ったことのある駄菓子を目の前にすると、
まだこれが売られていたのかと懐かしんでみたり、
今どきの駄菓子に興味を示したりと、景品をネタに
会話もさらに弾みます。

また、子供がいる家庭では、良いお土産にもなります。

女性が多い会社の忘年会と景品について

タノシイジカン

女性社員が多い会社というのも、一般的な会社と同じく
12月になれば忘年会を開催するケースは多いものです。

一般的な忘年会のように、お酒を飲んで、美味しい料理を食べて
騒ぐと言ったものではなく、女性が喜ぶ空間を用意する事、
景品についても受け取って喜んでもらえるものを選ぶことなどが
幹事さんには必要となります。

尚、幹事さんが女性であれば同性の気持ちが良く解りますが、
男性の場合は何かと苦労をする事もあるわけです。

ジョセイテキナ

まず、忘年会をどこで行うのか、予算は決まっているので
予算に合うお店を選ぶ事、そしてそのお店はお洒落な空間を持つ
レストランなどを選ぶ事で女性からの受けが良くなります。

更に、景品についても美容や健康、ダイエットなどに関連したものを
選んだり、可愛らしいもの、持ち帰るのが大変ではない景品を
選ぶなど心配りが大切です。

尚、重量が在るものやサイズが大きな品物を選んでしまうと
持ち帰るのが大変ですので、忘年会の景品を選ぶ場合は
持ち帰る事についても考慮する必要が有ります。

学生が行う忘年会では景品もゲームの1つです

忘年会は社会人だけがやるものではありません。
学生でももちろん行います。

大学のサークル等では、何かと飲み会をしたがるところも
多いものですが、忘年会も彼らが楽しみにしている
イベントの1つです。

ガクセイ

飲み会だけでも充分盛り上がりますが、景品付きのゲームを行えば
さらに盛り上がります。

ゲームをするなら、全員に景品が当たる方がさらに盛り上がります。

学生の忘年会の景品は、高価なものでなくても構いません。
プレゼントは貰って嬉しいものですが、ここは学生のノリで、
あえて「貰って嬉しくないもの」を各自ワンコインで用意するという
取り決めをして、中身が見えないように梱包をして持参します。

中身は購入した本人しかわからないので、ロシアンルーレットのような
感覚で盛り上がることができます。

貰ってうれしくないものでも、案外その人にとっては
貰って嬉しいものかもしれません。

モリアガルモノ

本当に貰って嬉しくないものが当たったとしても、
後々それも良い思い出となります。